School of Dog?

イヌが読書やら雑談やら。

藤沢周平『蝉しぐれ』に学ぶ「普遍的な人間性」

蝉しぐれ

蝉しぐれ

 

 f:id:school_of_dog:20151105224439j:plain藤沢周平の『蝉しぐれ』は何度も読んだ大好きな作品だ。

 文章の美しさと、こう言ってしまえば俗っぽすぎるけど「週刊少年ジャンプ的な友情・努力・勝利! ときどき恋愛♥」のスリリングさが両立されている。

 

 時代小説なんてオッサン臭いけど、まぁこれも勉強だと思って読んでみるかなぁという失礼な気持ちで大学1年生のときに初めて読み、ドップリハマり、以来5、6回は読んだ。

 鶴岡市の藤沢周平記念館まで行ってしまったくらいだ。

 

 その『蝉しぐれ』が、広島大学が掲げる「教養を得るための必読書101冊」の中に入っている。

 初版「はじめに」によれば、広島大学の『大学新入生に薦める101冊の本』は初版の段階で、色々なブックガイドや大学教員の話を参考に約2,000点の重要書をピックアップし、そこから101冊にさらに絞ってあるとのこと。だから、適当に選ばれたわけではないに違いない。新版では、さらなる精査がなされたはずだ。

 それほどまでに絞られたリストの中に『蝉しぐれ』は入っている(初版の方には入っていないけど)。しかも「面白い本」としてだけではなく、「教養を得られる本」として。これって、結構スゴイことなんじゃないのか。

 今まで面白い面白いという気持ちだけで読んでいた『蝉しぐれ』から何を学ぶことができるのだろうか?

 

 『101冊』では、藤沢周平が時代小説の体裁を取りながら描こうとしたのは「普遍的な人間性」であり、時に悲運を背負いながらも懸命に生きる人々の哀歓がつぶさに描かれる、と解説されている。

 なるほど、封建制の時代と現在とでは背景が異なりすぎるじゃないかと一瞬思ってしまうけれども、むしろ違うからこそ普遍性が浮き彫りになるのか。

 

 『蝉しぐれ』の主人公である牧文四郎は、尊敬していた父を藩への反逆の罪によって突然失い、さらには淡い恋心を抱いていたふくが藩主の側室に召されてしまう。

 こうした文四郎の「喪失」には、著者・藤沢周平の半生が投影されている気がする。

 

 藤沢周平も若かりし頃、当時28歳だった妻・悦子を亡くしている。藤沢は「そのとき私は自分の人生も一緒に終ったように感じた」と当時を振り返っている(藤沢周平『半生の記』)。しかし同時に、死者がいくらあわれでも、うしろ向きの虚無感に歯止めもなく身を委ねるのは好きではなかった、とも考えたそうだ。すごい方だ。

 藤沢は、胸の内にある人の世の不公平に対する憤怒、妻の命を救えなかった無念の気持ちを吐き出したく、(当時は小説家として生きていくとは夢にも思っていなかったそうだけど)手近にあった懸賞小説に応募したのだそう。

 

 こうした喪失の辛さを経験しているから、藤沢周平は喪失した文四郎に再生の道を示せるのだ。再生とは、再び生きると書く。どれだけ辛い喪失に直面したとしても、人生にサレンダーしないでまた生きる。そういう力強いメッセージが心に響く。

 藤沢が文四郎を救ったわけではない。藤沢は文四郎に、喪失を乗り越えるための道しるべとして友情や剣を与えたのみである。それを使って、文四郎が主体的に再生したのだと思う。

 

 『蝉しぐれ』に描かれる「普遍的な人間性」とは結局、人間誰しも自分ではいかんともしがたい状況のなかで喪失を経験してしまうことがあるが、そこから再生していくための手がかりは必ず見いだせるということなのかな。

 そして、その手がかりはいつの時代だって友情と成長だったりするのかもしれない。

 なんだかこう書いてしまうと陳腐だけれど。

 

 ボクも逸平や島崎みたいな友人がほしいし、これ以上なく爽やかな青春を送ってみたいでござる。

 

(参考にしたもの)

・藤沢周平『半生の記』

半生の記 (文春文庫)

半生の記 (文春文庫)

 

 

・「歴史読本」編集部『藤沢周平を読む』

藤沢周平を読む

藤沢周平を読む