School of Dog?

ブログというより、昔のホームページみたいな……。

急がなくていい時間ほど贅沢なものはないですよね/NHKドキュメント72時間「巨大フェリーの人生航路」

 

f:id:school_of_dog:20170924141724j:plain

海に囲まれた日本で、時間はかかるが安く移動できるのがフェリー。中でも名古屋~仙台~北海道を結ぶ航路は年間20万の利用者を誇る。人々が新生活を始める春、船には、好景気に沸く名古屋へ引っ越す労働者や、安く手軽な国内で卒業旅行を済ませる大学生、さらに「まったりとした時間」を求めて乗り込んだ派遣社員のグループなど実にさまざまな「事情」が乗り合わせる。3日間、船上の出会いから浮かび上がる日本の今とは?

 

f:id:school_of_dog:20151105224448j:plainかつて、青春18きっぷについて大いに語ったことがあったよな。

 

www.school-of-dog-11111111111.com

f:id:school_of_dog:20151105224444j:plain青春18きっぷの真髄は、安いことではない!

 移動時間を楽しめることだ!

 動く部屋を借りて、自分の時間を過ごせることだ!

 こんなことを叫んでいましたよね。

f:id:school_of_dog:20151105224448j:plainああ。

 安い移動手段だと思って18きっぷを使うと、移動時間が苦行になっちまう。

 そうじゃないんだ!

 移動時間こそがメインディッシュなんだ!

 まったく急がなくていい時間ほど贅沢なものはない。

f:id:school_of_dog:20151105224444j:plainその点では、フェリー旅にも同じことが言えますよね。

 この番組には、お金のない大学生も出てきましたが、一方でお金はあるけどあえてフェリーを選んでいる大人の姿も見られます。

f:id:school_of_dog:20151105224448j:plainとにかく、自分と向き合う時間の欲しそうな人が多かった気がするな。

f:id:school_of_dog:20151105224444j:plain今回は、北斗の拳を見ていた40代くらいの3人組が一番印象に残りました。

f:id:school_of_dog:20170924141915j:plain

f:id:school_of_dog:20170924141924j:plain

f:id:school_of_dog:20150803102459p:plain「仕事をして、帰ってきて、ご飯を食べて、また仕事に行って……。

 そうして年齢を重ねていくと、だんだん時間が過ぎるのが早くなっていく。

 そんな中でこうやって旅行に行ったりすると、『あぁ、あの時北斗の拳見たよね』なんてことも思い出になってくる。

 時間を楽しんでいる、みたいな」

 

f:id:school_of_dog:20151105224448j:plain18きっぷ旅が大好きな俺としては、とても共感できる言葉だ。

 それから、別の1人が話していたことにも頷ける。

 「先のことは分からないよね。

 特に震災以降、そう思うようになった。

 構えていたって、思うとおりにはいかない。

 だから、今、この空間を楽しめればいいのかなと」

f:id:school_of_dog:20151105224444j:plainいっつも考えすぎてしまう私にとって、見習わなければなと思える考え方です。

 考えたところで、思い通りに行くはずなんてないのに。

 ドキュメント72時間は、まさに「市井の哲学」ですね。

 勉強になることがたくさんあります。

f:id:school_of_dog:20151105224448j:plainあー!

 フェリー旅に行ってみたくなったぁぁぁぁ!

 でも、連休が取れた時に「行ったことのないところにできるだけたくさん行こう」って欲張ってしまって、結局時間に追われる俺はバカだ。