School of Dog?

ブログというより、昔のホームページみたいな……。

理想は必ずしも叶わないからこそ/NHKドキュメント72時間「国道16号の幸福論」

f:id:school_of_dog:20170924123347j:plain
 

 横須賀~町田~八王子~春日部と、関東郊外をつなぐ「国道16号線」。大型ショッピングモールやチェーン店ばかり続く街並は「現代日本を象徴的する風景」と注目を集めている。番組では、250キロ続く環状道路を3日間かけて走破。道沿いで偶然出会った人々が何に幸せを感じているかじっくり耳を傾ける。居心地のいい地元から出たくないという若者、深夜の道を黙々と歩くホームレス…。16号線から見えるニッポンの幸福とは?

 

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plainいやぁ、いい番組だったなぁ。

f:id:school_of_dog:20151105224441j:plainそうですねぇ。

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plain国道16号ってのは、関東の郊外をつないでいる環状線だ。

f:id:school_of_dog:20170922205443j:plain

 

f:id:school_of_dog:20151105224441j:plain16号沿いには、ニトリ・TSUTAYA・ファミレス・大型紳士服チェーン店などが立ち並んでいます。

 番組冒頭でも言われていますが、16号沿いの生活には、いわゆる「平均的日本人」を見出すことができるとか、なんとか。

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plainさて、この番組の主題は「幸福論」。

 ラッセルやアランをはじめ、これまでさまざまな哲学者が幸福について論じてきている。

 だけど、この番組で取材されている「フツウの人びと」も、立派に哲学者だ。

f:id:school_of_dog:20151105224441j:plain一生懸命生きて、一生懸命考えて。

 人生を頑張っていれば、その人なりの哲学って培われてくるものですよね。

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plainこの番組で取り上げられた人たちは、必ずしも「理想の人生」を歩めたわけではない。

 むしろ、きっとこの人たちにも理想ってのがあったのだろうけど、それが叶わず、でも生きることを諦めず……という例が多い気がしたぞ。

f:id:school_of_dog:20151105224441j:plain鳶職人だったけど、大病を患って辞めざるを得なくて。

 しかも長年連れ添った女性もガンで亡くなってしまって。

 今はただひたすら歩きたいと、何時間も、何十キロも歩き続けているおじいちゃんが、私は印象に残っています。

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plainボクは、20歳からずーっと、ひとりで、仕事をしながら両親の介護に人生を費やしてきた女性が印象に残っている。

f:id:school_of_dog:20170922210541j:plain

f:id:school_of_dog:20170922210557j:plain

f:id:school_of_dog:20170922210612j:plain

f:id:school_of_dog:20150803102459p:plain「でも、強くなったからいいですね。どんなことあっても、泣くことないから。どんなつらいことあっても、泣かないから。私は、それだけ強くなった」

 

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plain生徒たちは、実に大きな夢や理想を抱いている。

 もちろん、ボクはその夢や理想を叶えてほしいなって思っているよ。

 でも、こんなことは教室では言えないけど、理想って全部が全部叶うものでもないんじゃないかなぁ。

 人生でぶつかるすべての勝負に勝ち続けることってできないんじゃないかなぁ。

f:id:school_of_dog:20151105224441j:plain私も、そう思います。

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plainうまくいかないことがいっぱいあるのが人生だと思う。

 そんな壁にぶつかったとき、理想が叶わないからって人生にサレンダーしてしまうのではなく、現実を肯定してなんとか生きていく。

 そういう強さを持っていてもいいんじゃないかなって。

 学校教育が目指すものとは対極の考え方かもしれないけどね。

f:id:school_of_dog:20151105224441j:plain受験には受からなくちゃいけないんだと生徒に言い聞かせる。

 だけど、倍率が1倍でない以上、受かれない人は必ず出てしまう。

 そういう人が生きていくための力についても、目を向けていかないといけないんじゃないかなぁ。

 もちろん、「落ちてもいいんだよ」って最初から言ってしまっては、特に高校は成り立たないでしょうけどね(笑)

 

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plainいい方向に行くように、理想を描いて、常に努力はし続けたい。

 だけど、理想は必ずしも叶わない。

 それでも、生き続ける勇気とかを、この番組に見せてもらった気がする。

 そんな肩肘張って見る番組ではないだろうけどな!

 ちょっと風邪をこじらせながら書いた記事だから、どうも内向的になっているぞ(笑)

 

f:id:school_of_dog:20170922212057j:plain

f:id:school_of_dog:20170922212110j:plain

f:id:school_of_dog:20170922212120j:plain

f:id:school_of_dog:20150803102459p:plain番組の最後に出てきたおじいちゃん。「16号沿いの人たちは、今の暮らしに満足しているって話す人が多いですね?」というNHKディレクター(?)の問いに対して。

 「満足している人、そんなに多いと思わないけどな。あきらめとはちがうかもしれないけど。『俺の人生こんなもんだ』と思って満足するっていうか」

 港区の一等地で聞いても同じ答えが返ってくるのかな。