School of Dog?

イヌが読書やら雑談やら。

ジョージアワイン@吉祥寺"Cafe RUSSIA"、すなわち吉ジョージアワイン

栃ノ心で、ジョージアに興味を持つの巻

【登場犬物】

f:id:school_of_dog:20150802165634j:plain

f:id:school_of_dog:20151105224445j:plainゴールデン先生。家庭科。食べるのが好き。

 

f:id:school_of_dog:20150802165641j:plain

f:id:school_of_dog:20151105224443j:plainヨークシャ先生。社会科。年齢不詳。

 

f:id:school_of_dog:20160216082933j:plain

f:id:school_of_dog:20150803102459p:plainちょっと前のこと。ヨークシャ先生とゴールデン先生は、仕事もせずに職員室でテレビを見ていたのである。

f:id:school_of_dog:20180625211645j:plain

f:id:school_of_dog:20180612191828j:plain(テレビ)大相撲夏場所で13勝をあげた栃ノ心の大関昇進が、正式に決定しました。

f:id:school_of_dog:20151105224443j:plain栃ノ心、やりました!

f:id:school_of_dog:20151105224445j:plain大きな話題になっています。

 私、お相撲って全然見ないんですけど、好きな方は本当に好きですよね。

 

f:id:school_of_dog:20180612191828j:plain(テレビ)ジョージア出身力士・栃ノ心の大関昇進祝いにと、日本コカ・コーラ社は缶コーヒー「ジョージア エメラルドマウンテンブレンド」900本を栃ノ心の所属する春日野部屋に届けました。 

f:id:school_of_dog:20151105224445j:plain栃ノ心は、ジョージアという国の出身でしたよね。

 栃ノ心の出身国「ジョージア」と、缶コーヒー「ジョージア」って、同じ場所ですか?

f:id:school_of_dog:20151105224443j:plainいいえ、違います。

 コカ・コーラ社のHPを見ると、缶コーヒーの名称は「コカ・コーラの発祥の地であるアメリカ・ジョージア州からとっています」とありますよ。

 音が一致しているだけですね。

 かのビートルズも、アメリカのジョージア州と、そのアメリカと冷戦でいがみ合うソ連の下にあったジョージアの音が一致していることを「Back in the U.S.S.R.」という曲の中でネタにしています。

f:id:school_of_dog:20151105224445j:plainだとしたら、コカ・コーラ社は棚ぼた的に宣伝効果が得られたわけですね。

 ところで、私はジョージアという国についてはほとんど何も知らないのですが、どの辺りにあるんですか?

f:id:school_of_dog:20151105224443j:plainコーカサスと呼ばれる場所ですよ。

 カスピ海と黒海に東西をはさまれています。

 コーカサスは、ヨーロッパ、アジア、アラブ諸国を結ぶ十字路に当たる部分でして。

 今に至るまで、さまざまな苦労を乗り越えてきた地域なんです。

 

f:id:school_of_dog:20151105224445j:plain地図を見ると、なるほど、その辺りにあるのかーってつかめました。

f:id:school_of_dog:20151105224443j:plainジョージアは、人口430万人、面積は日本の5分の1くらい。

 歴史の中で大国に圧力をかけられながらも、尚武の気風を守り抜いてきた国です。

f:id:school_of_dog:20151105224445j:plainそう言われたら、栃ノ心の大関昇進も相まって興味が湧いてきました。

 よし、ジョージア料理を食べに行きましょう!

f:id:school_of_dog:20151105224443j:plainジョージアを知るための手段として「食べる」ことを選ぶのが、家庭科教師らしいというか、ゴールデン先生らしいというか。

 ですがそのスタンスには、私も賛成です。

 食べ物には、その土地の地理、歴史、生活、自然環境、文化などおよそすべてのことが詰まっていますからね。

f:id:school_of_dog:20151105224445j:plainはい、ジョージア料理を食べられるお店を調べました。

 吉祥寺の"Cafe RUSSIA"というお店に今から行きます。

 40秒以内に支度してください。

f:id:school_of_dog:20151105224443j:plainは、はや!

 私がたった3行喋っている間に……。

f:id:school_of_dog:20151105224445j:plain残り30秒です。

f:id:school_of_dog:20151105224443j:plain……(怖いのでそそくさと支度を始めるヨークシャ先生)

 

 吉祥寺・Cafe RUSSIAへ、ジョージア料理を食べに行こう!

f:id:school_of_dog:20151105224445j:plainというわけで、やってきましたCafe RUSSIA!

 吉祥寺駅を線路伝いに歩いて、5分くらい。

f:id:school_of_dog:20151105224443j:plainいやぁ、東京は本当にすごい街ですね。

 世界中のものが、磁石に引き寄せられるかのように集まっています。

f:id:school_of_dog:20151105224445j:plainこのお店は、店名からも分かる通りロシア料理を中心としていますが、ジョージア料理も色々と食べられるんですよ。

f:id:school_of_dog:20151105224443j:plainロシアとジョージアの関係は本来難しいんですよ。

 国名をグルジアからジョージアに変えたのも、ジョージアの中に渦巻く反露感情ゆえのものと聞いていましたが……。

 でも、ロシアとジョージアがこうしてひとつのお店に共存しているということは、その結びつきは一言ではとうてい説明できないということでしょうな。

 

f:id:school_of_dog:20160216082933j:plain

f:id:school_of_dog:20151105224445j:plain店内入店!

 夕方ですが、若者からご年配の方まで、幅広い層のお客さんによって席はほぼ埋まっています。

 我々も若い女性店員さんのご案内に従って座りました。

 店員さん方は、ロシアの方でしょうか。

 日本語がお上手です。

f:id:school_of_dog:20151105224443j:plain店内は赤を基調にしていますね。

 ロシアで赤といえば、赤の広場が象徴するように美しい色。

f:id:school_of_dog:20151105224445j:plainそして、お肉を焼くいい匂いが漂っています。

 食欲を誘う、赤い匂い。

 ただちに注文をしましょう!

 

f:id:school_of_dog:20180612191626j:plain

f:id:school_of_dog:20150803102459p:plain店内の壁・天井はほとんどすべて、この赤で統一されています。

 

f:id:school_of_dog:20180612191622j:plain

f:id:school_of_dog:20150803102459p:plainロシアの赤の広場には、聖ワシリイ大聖堂があります。

 テトリスのタイトル画面で有名な、玉ねぎ型のアレです。

 写真の通り、我々も実は行ったことがあるんですよ!

 ……というのは冗談で、これは東武ワールドスクウェアの模型です。

 

ジョージアと言えばワインなり。

f:id:school_of_dog:20151105224445j:plainジョージアの料理で有名なのは何でしょう?

f:id:school_of_dog:20151105224443j:plain料理とは違うかもしれませんが、ジョージアといえばワインです。

f:id:school_of_dog:20151105224445j:plainワインですか!

 やりましたね!

 優勝です!

 おめでとうございます!

 ありがとうございます!

f:id:school_of_dog:20151105224443j:plain何の優勝でしょうか。

 ジョージアのワイン造りですが、なんと世界遺産に登録されています。

 なぜなら、ジョージアは世界最古のワイン造りが行われていた場所だと言われているからです。

 科学的・考古学的に、ジョージアのワイン造りは紀元前8000年まで遡れるのだとか。

f:id:school_of_dog:20151105224445j:plain紀元前8000年……!?

f:id:school_of_dog:20151105224443j:plainコーカサスは、ブドウの原産地のうちのひとつみたいです。

 ジョージアの伝統的なワイン製法は、クヴェヴリと呼ばれる素焼きの巨大な壺に収穫したブドウを潰して流し込むというもの。

 そのクヴェヴリは、人間が入れそうなほど巨大でして。

f:id:school_of_dog:20151105224445j:plain今もその方法が受け継がれているのはすごいことですね。

f:id:school_of_dog:20151105224443j:plainジョージアというのは、キリスト教国だということもあって、国を挙げてワイン製造をしてきた歴史があるんです。

 そこにかけてきた重みは半端ではありません。

 今でも、ジョージアの労働人口のうち半分が農業従事者、そしてそのうちのほとんどがワイン製造者だそうですよ。

f:id:school_of_dog:20151105224445j:plainジョージアにとってのワインは、日本にとってのお米ぐらいの重たさがありますね。

 あれ、でも今ワインの産地と聞いて、一般的にジョージアというワードはあまり出てきませんよね?

f:id:school_of_dog:20151105224443j:plainそうなんですよね。

 私も、そこが気になっていました。

 500ページを超える分厚さを誇る『ポケットワインブック』を見ても、ジョージアワインについての記述は1/3ページ程度しかありません。

 書かれているのは、こんなこと。

 ●コーカサス固有の土着品種ブドウを用いてワインを製造しているため、他地域にはない味わいがある。

 ●ワインは現代的な方法で製造されるようになってきているが、一部はクヴェヴリによる製造を今でも続けている。

 ●安定した品質でワインを大量生産できるようになるかが今後の課題である。

 他の国については、個別にワインの名称を挙げて評価しているのですが、そういうのもないんです。

f:id:school_of_dog:20151105224445j:plainいかんせん我々はワインに詳しくないのでなんとも言えませんが、冷戦が終わり、コーカサスの紛争も収まっていくことで、ジョージアワインの国際的な認知度は本当にこれからこれから高まっていくのかもしれません。

 お話しを聞けば、ジョージアワインはワイン本の1章を占めてもいいくらいのポテンシャルがあるじゃないですか。

 よし、今夜私たちは、時代の最先端を行きましょう!

f:id:school_of_dog:20151105224443j:plainよだれが、たれていますよ。

 

f:id:school_of_dog:20180612192322j:plain

f:id:school_of_dog:20151105224445j:plainということで、ワインをグラスで2種類注文です。

 白ワイン「ツィナンダリ」(680円)と赤ワイン「サペラヴィ」(870円)。

 いずれもコーカサス固有のブドウで造られているようですが、残念ながらクヴェヴリを用いて造ったものではないようですね。

f:id:school_of_dog:20151105224443j:plainいつか、クヴェヴリのワインも飲んでみましょう。

f:id:school_of_dog:20151105224445j:plainまずは赤ワイン「サペラヴィ」です。

 

f:id:school_of_dog:20160216082933j:plain

f:id:school_of_dog:20150803102459p:plain犬たち、飲酒中……。 

f:id:school_of_dog:20160216082933j:plain

f:id:school_of_dog:20151105224445j:plain美味しい!

 メニューに「スパイシー」という文字があったのでクセが強いのかなと思っていましたが、後味がすっきりしていますね。

 渋さがありません。

 ですが、確かに今までの私の乏しいワイン歴の中では飲んだことのない香りがするような気がします。

f:id:school_of_dog:20151105224443j:plain続いて、白ワイン「ツィナンダリ」に行きましょう。

 

f:id:school_of_dog:20160216082933j:plain

f:id:school_of_dog:20150803102459p:plain犬たち、飲酒中……。

f:id:school_of_dog:20160216082933j:plain

f:id:school_of_dog:20151105224443j:plainお、こっちは何でしょうな、あとにいい甘みが残るような気がします。

 私、これお気に入りになりそうかもしれません。

f:id:school_of_dog:20151105224445j:plainジョージアワインについては、フランス「よりも」美味しいかどうか、みたいな比較の文脈では語りたくないものですね。

 ジョージアのワインも選択肢のひとつに入ってくるような、そういう時代が来ればいいと思います。

 日本のみなさま!

 缶コーヒーもいいですが、栃ノ心優勝に便乗してジョージアワインの世界を覗いてみるのはいかがでしょうか?

 

ジョージアのご長寿料理たち

f:id:school_of_dog:20151105224445j:plainさぁ、そんなことを言っていたら他の料理も運ばれてきましたね。

 Cafe RUSSIAという店名に反して、今回はジョージア料理しか頼んでいません。

 申し訳ございませぬ。

 

f:id:school_of_dog:20180612191625j:plain

f:id:school_of_dog:20151105224445j:plainまずはハチャブリ(1,000円)。

 メニューの説明によれば、「パイ生地でもパン生地でもない不思議な生地」でチーズを包み、オーブンで焼いたピザ、とのことです。

 チーズがトロットロで美味しい!

f:id:school_of_dog:20151105224443j:plainハチャブリはジョージアの鉄板メニューでして、地域によって形が違うそうですよ。

 

f:id:school_of_dog:20180612191628j:plain

f:id:school_of_dog:20151105224445j:plainハチャブリの断面図。

 油は多いですが、悪い油ではないのがわかります。

 もっぱらチーズが使われているんですもの。

f:id:school_of_dog:20151105224443j:plainジョージアは、長寿国としても知られています。

 このチーズが、長生きの秘訣なのかも。

 

f:id:school_of_dog:20180612191624j:plain

f:id:school_of_dog:20151105224445j:plain続いては、トロットロの牛肉が入った激辛スープ、ハルチョー(900円)。

 激辛とは書かれていますが、美味しく食べられる辛さですよ。

 参考までに、私は蒙古タンメン中本のカップ麺は美味しく食べられて、ペヤング激辛は辛いなぁ……くらいの強さです。

 その私が、難なく食べられるくらいの辛さ。

 伝わりづらいでしょうか?

 あぁ、食べているうちにお腹が温かくなってきました。

f:id:school_of_dog:20151105224443j:plainおや、中にお米が入っていますね。

 ジョージアで稲作は可能なのでしょうか?

 それとも、日本風にアレンジしてくださっているのかな。

f:id:school_of_dog:20151105224445j:plain酸味があり、複雑な辛さがあり。

 ハーブも入っているのでしょうか。

 これは、自分で再現するのは難しいですね。

 大きなお鍋で、たくさん仕込まれているのでしょう。

 

f:id:school_of_dog:20180612192438j:plain

f:id:school_of_dog:20151105224445j:plain最後は、オーブンで焼いたひな鳥・タバカ(1,200円)です。

 明るすぎ、伝わりづらい写真でごめんなさい。

 3ヶ月かけて発酵させたハーブで味付けをしてあるそうです。

f:id:school_of_dog:20151105224443j:plainこれは、ジョージア料理の特徴がとてもよく出ているような気がしました。

 まず、塩分が相当に抑えられていますね。

 この点で、アメリカンなフライドチキンとは異なる美味しさがあります。

f:id:school_of_dog:20151105224445j:plainそれから、油っぽさがほとんどありません。

 調理方法で、油が出ないようにしてあるという感じ。

 かといって、物足りないわけではないんですよね。

f:id:school_of_dog:20151105224443j:plainここで物足りなさを感じさせないためのハーブなのでしょうね。

 ジョージアのワインとよく合うお味でした。

おわりに

f:id:school_of_dog:20151105224445j:plain今回は、ジョージア料理を食べてジョージアについて学んでみるの会でした。

 心残りは、ヒンカリというジョージアの餃子みたいなものが食べられなかったこと(平日にしか販売していないようです)と、何よりクヴェヴリワインを飲めなかったこと……。

 いつか、必ずのリベンジを!

 リベンジを!!

f:id:school_of_dog:20151105224443j:plain東京には、世界中のものが集まっています。

 ということは、東京では疑似・世界旅行がし放題なんですなぁ。

 また、こういう企画をやりたいですね。

 

f:id:school_of_dog:20180625211717j:plain

f:id:school_of_dog:20150803102459p:plain世界遺産にもなったクヴェヴリワインを飲んでみたかったぁぁぁ……。

 リベンジでござる。

 

(参考にした資料)

コーカサス国際関係の十字路 (集英社新書 452A)

コーカサス国際関係の十字路 (集英社新書 452A)

 

f:id:school_of_dog:20150803102459p:plain今回は食のことしか書いていませんが、コーカサスはソ連崩壊後に民族の対立という重たい問題に直面しました。

 ジョージアも然り。

 この辺りも、ジョージアやコーカサスを考える上では無視できないテーマです。

 そうした問題が起こる構造を説明した新書。

 

コーカサスを知るための60章 エリア・スタディーズ

コーカサスを知るための60章 エリア・スタディーズ

 

f:id:school_of_dog:20150803102459p:plainコーカサス全般について解説した本。

 地理、歴史、文化などオールジャンルについての解説。

 しかし、食生活については60章のうち1章です。

 

ジョージアのクヴェヴリワインと食文化: 母なる大地が育てる世界最古のワイン伝統製法

ジョージアのクヴェヴリワインと食文化: 母なる大地が育てる世界最古のワイン伝統製法

 

 f:id:school_of_dog:20150803102459p:plain今でもクヴェヴリでワインを造っている方々のお話が掲載されています。

 後半には、ジョージアの文化が写真付きでキレイにまとまっていますよ。

 

世界遺産になった食文化〈5〉世界ワインのルーツはグルジア!  グルジア料理

世界遺産になった食文化〈5〉世界ワインのルーツはグルジア!  グルジア料理

 

f:id:school_of_dog:20150803102459p:plain子供向けの本ですが、今回はこれを一番参考にしました。

 幅広い内容がコンパクトにまとまっています。

 

ポケット・ワイン・ブック ハヤカワ・ワインブック

ポケット・ワイン・ブック ハヤカワ・ワインブック

 

f:id:school_of_dog:20150803102459p:plainジョージアワインの一般的な評価を知りたく、ちょっとだけ覗きました。

 客観的な評価が分かってよかったです。

とても偏っているかもしれない、スピッツ【個人的】ランキング(5位から1位まで)

www.school-of-dog-11111111111.com

f:id:school_of_dog:20151105224442j:plainこちらの記事の続きです。

 スピッツの好きな曲について、好きなことを好きなだけ書く、そんな(ワタシにとっての)夢のような内容になっております。

 

5位 ミカンズのテーマ

三日月ロック

三日月ロック

  • アーティスト: スピッツ,草野正宗,石田小吉,亀田誠治,クジヒロコ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルJ
  • 発売日: 2002/09/11
  • メディア: CD
  • 購入: 4人 クリック: 34回
  • この商品を含むブログ (244件) を見る
 

f:id:school_of_dog:20151105224442j:plain「三日月ロック」は、最初苦手でしたがスルメですね。

 なんだか癖になる曲がたくさん収録されています。

 

 そんな「三日月ロック」には、夜を駆ける、水色の街、エスカルゴ、遥か、けもの道などなど大物が入っているのですが、それらを差し置いてもミカンズのテーマが大好きなんです。

 限界まで好きな曲を絞りましたって言いながら、ミカンズのテーマを入れる人って他にいるのかしら。いるのならぜひ、お話を伺ってみたい。小一時間、じっくりと。

 

 仕方がないのです。

 以前、iPod Classicという大容量の音楽プレーヤーを使っていたのですが(さすがに経年劣化でご臨終)、この機種は再生回数トップ25をパッと見られるようになっていました。

 それを見ると、ミカンズのテーマは必ず上位5位のどこかにいたのです。

 数字が証明しちゃっているのだから、仕方がないのです。

 

 ミカンズという架空のバンドがご挨拶する曲。

 歌詞としては、「実は恋も捨てず」というところがベストポイント。

 20代後半の、うだつの上がらないようなダラっとフラっとした雰囲気が出ていていい。

 

 サウンドについて。

 頭に浮かぶのは、まずカウベルですよね。

 コン。コン。コン。コン。

 

 それから、アジアンテイスト漂うギターハモリソロ。

 大サビのシンセサイザー。

 Aメロの、縦の線揃えた「ズンジャンジャン」。

 ヘッドホンで聞くとよく分かる、動き回るベース。

 ああ、どれもこれも最高でございます。

 

4位 あわ

名前をつけてやる

名前をつけてやる

 

f:id:school_of_dog:20151105224442j:plainスピッツを本気で好きになった曲。

 最初に聴いた時、イナヅマが落ちました。

 スピッツはヒット曲をたくさん出しているけど、決して軟派なわけじゃない。

 草野マサムネさんという人の心の深さはガチっぽいぞ。と。

 本当はこれが1位でも……と思うほど好きな曲です。

 (1位は自分の中で迷うことなく決まっていたので、そうはしませんでしたが……)

 

 2枚目のアルバム「名前をつけてやる」に収録。

 ウォーキングベースの上で、ジャジーな演奏と、静かな絶望を湛えた歌詞が、アスファルト上の雨水のように流れていく、そんな曲(?)です。

 

 スピッツの神アルペジオと言ったらやはりロビンソンが思い浮かぶでしょうが、あわのそれも負けず劣らずのよさ。

 ずーっと昔に行われたライブのMCを聞くと、「あわ」のプロトタイプである「シャボンのうた」は小野リサが「ポレール」のCMで歌っていた曲を下敷きに、作曲の幅を広げようとして作られた「課題曲」だったことが分かります。

 つまり、この曲の土台にはボサノヴァがあるわけですね。

 そこに、オシャレではない畳やら醤油やらの生活感あふれる言葉が出てきて、アンバランスの不思議な魅力が存在しています。

 

 バブル崩壊の直後に書かれたであろう「あわになって溶け出す」という歌詞は、色々な解釈ができます。

 ワタシは、死恐怖症(タナトフォビア)とか、カミュの不条理とか、そういう感覚に近いものを感じました。

 他の人も生きているし、自分と同様に死を恐れていると今まで思っていたけど、本当は彼らは哲学的ゾンビで意識なんてなく、実際にモノを考えて死を恐れているのは自分しかいないのではないか。

 それに気づいてしまうことが「本当はさかさまだってさ」なのかもしれません。

 

 うまくいえないのですが、とかく思春期でメンタルのグラグラ揺れていたずーっと前のワタシの心に、ずどーんと響いた曲なのでした。

 

www.school-of-dog-11111111111.com

www.school-of-dog-11111111111.com

f:id:school_of_dog:20151105224442j:plainもう過去に二度も、気持ち悪い記事を書いてございます。

 

3位 8823

ハヤブサ

ハヤブサ

 

f:id:school_of_dog:20151105224442j:plainこれまた、初めて聴いた時は強烈なインパクトがありました。

 胸の奥底を沸騰させてくれるようなアツい曲。

 通して聴けば、ひとつのストーリーを見ているような気分になります。

 

 タメて。

 タメて。

 そこからサビで一気に解き放つ!

 鳥肌モンですよ!

 

 ヘッドホンで聴いていると、生きているのって楽しいなって、口角が上がってきてしまうんです。

 誰よりも速く駆け抜けて、LOVEと絶望の果てに届きたくなるんです。

 こんなところで立ち止まっていちゃダメだなってなるんです。

 とにかく今を生きたくなるんです。

 

 一箇所だけ、君を「不幸」にできるのは宇宙でただひとりだけとなっているところがいいですね。

 君を「幸せ」にできるのは宇宙でただひとりだけ、では陳腐になってしまっていたことでしょう。

 いずれにしても、この主人公の独り善がり感は拭えないですが、そんな暴走をも細かく気にするヒマを与えないほどの情熱! パトス! さぁ、トロピコの街を目指そうぜ!

 

2位 プール

名前をつけてやる

名前をつけてやる

 

f:id:school_of_dog:20151105224442j:plain学校のプールの塩素の匂いがするような名曲。

  サビの舞台はやっぱりプールではないでしょうか。

 

 もちろん、授業ではありません。

 誰もいないプールに忍び込んでいるのです。

 

 かといって夜でもない気がします。

 プールサイドが熱い、太陽光が反射して目が痛いような、そんな夏の終わりの昼下がり。

 

 プールには今、君が背泳ぎで浮かんでいる。

 ひとしきり「夏蜘蛛になって」(4本の手足✕2人=8本の手足=夏蜘蛛)ふざけたあとだ。

 浮かんでいる君のことを、僕はプールの縁に腰掛けて、足だけ水に入れて見ている。

 

 このふたりは、付き合っているわけではないと思う。

 (夏蜘蛛になって、寝っ転がってふざけたというのが比喩ではなく本当に布団に寝っ転がっているのなら話は違ってきますが)

 お互いに意識し合っているのは分かっているけど決定打をうつのが怖くて、抑圧されてあふれるエネルギーでプールに侵入している。

 侵入するよりも告白するほうが簡単に見えて、難しいのである。

 

 このプールは、他の世界から隔離されている。

 完全に閉じた世界。

 セミの泣き声と、君が泳ぐバシャバシャという音以外は何も聴こえない。

 他の音が鳴っていたとしても、彼らの耳には届かないだろう。

 

 リビドー溢れる騒々しい心と、世界の静けさと。

 そんな矛盾がラスト前のシューゲと「Ah...」で完璧に表現されている。

 

 音もワンダフル。

 シャンシャンなり続けるタンバリンと、キラキラするシューゲギターと、そこには似つかわしくないように見えて、無くすと世界が成り立たないスラップベース。

 無駄な要素がひとつもない、もはや恐ろしい曲。

 

 この曲を聴くのは、できるだけ暑い日の方がいい。

 プールというタイトルなだけに、曲に溺れることができるから。

 

 と、ここまで書いて気づきましたが、興奮しすぎてですます調を忘れてしまっていますね。

 書いていてハイテンション過ぎて気づかなかった……。

 

www.youtube.com

f:id:school_of_dog:20151105224442j:plain4年前に、アコギで弾かせていただきました。

 クーラーもつけず、蒸し暑い部屋で何も考えずに弾いた記憶があります。

 

1位 サンシャイン

空の飛び方

空の飛び方

 

f:id:school_of_dog:20151105224442j:plainアルバム「空の飛び方」の最後に収録。

 サウンド、歌詞、声の響き、世界観。

 どれをとっても、スピッツ最高の名曲だと思えてなりません。

 

 「夏の魔物」で一緒になることができなかった君が、大学に進むために都会へ行く、みたいな感じかな。

 ちなみに、この曲の主人公である男の子が君とずっと一緒に暮らせることを夢想したのが「田舎の生活」なのかな、とも思ったり。

 

 すりガラスの窓を開けた時に

 よみがえる埃の粒たちを

 動かずに見ていたい

 

 どうやったらこんな歌詞が思いつくのだろう。

 

 もう君と別れるのは確定なのだと、そのことを受け入れたつもりでも受け入れきれていない、思考停止なのか思考フル回転なのか分からない少年が、何気なくガラっと自分の部屋の窓を開けた時に舞い散る埃をぼーっと見ている。

 サッシのレールからよみがえる埃の一粒一粒に、よみがえる君との思い出を映している。

 

 サンシャイン

 白い道はどこまでも続くよ

 サンシャイン

 寒い都会に降りても

 変わらず夏の花のままでいて

 

 埃が地べたに着くのと、寒い都会に降りるのをかけているように思えます。

 この曲、実は夏曲ではなく冬曲なんじゃないかと。

 埃が着陸する地べたは寒いわけですよ。

 冬に歌っているから、変わらず夏の花でいてという無力で健気な叫びが響くわけですよ。

 そうそう、冬といえば、君の進路も決まる頃ですしね。

 

 そして、この埃を見るためには、太陽の光(サンシャイン)が必要なんですよね。

 陽の光の中で、6畳の実家の自分の部屋で、埃をぼけーっと眺めている。

 そんな少年の姿には、これ以上ない切なさが詰まっています。

 

 ワタシは詩も結構好きで、特に寝る前なんかはよく読んでいます。

 そういった本として売っている詩に比べると、JPOPの歌詞は(色々な制約がある以上当然ですが)単体で見たときの完成度が必ずしも高くないと思っていたことがありました。

 ですが、この曲の歌詞は「歌詩」として非常に高いクオリティを誇っているんです。

 

 それから、声と音。

 「サンシャイン 白い」のハイトーンが、切なさに拍車をかけます。

 あとは、理論はよくわからないのですが、サビの、

 G → A → F#m → F#7 → Bm

 のF#7。

 これが、この曲では特に有効に機能して切なさにハイブーストをかけているように思えるんですよ。

 切なさマシマシ。

 

 スピッツには好きな曲がたくさんありますが、1位は迷いなくこれでした。

 ダントツの完成度を誇るとワタシが勝手に思っている「サンシャイン」。

 ぜひ一度、お聴きください!

 

おわりに

f:id:school_of_dog:20151105224442j:plainずーっと書きたかったこの記事のために、ここ最近、改めてスピッツを聴き直していました。

 いやぁ、やっぱりいいですね。

 こうして好きなところを書いてみることで、考えていたことが色々と見えてきて、より一層好きになりました。

 

 ランキングをもう一度書いてみると、次のようになります。

 

1位 サンシャイン

2位 プール

3位 8823

4位 あわ

5位 ミカンズのテーマ

6位 青い車

7位 ヒバリのこころ

8位 スパイダー

9位 夏が終わる

10位 愛のことば

11位 夏の魔物

 

 古いのばかりで申し訳ありません……。

 スピッツがお好きな方、いかがでしょうか?

 共感できる部分はありましたか?

 

 スピッツをこれから聴いてみようという方、4位と5位だけは謎かもしれませんが、あとはご参考にしていただければ幸いです。

 

 最後に、多くなりすぎるから書くのを諦めた、だけど大好きな曲は以下のとおりです。

 

 「名前をつけてやる」

 「日なたの窓に憧れて」

 「田舎の生活」

 「海ねこ」

 「裸のままで」

 「タイムトラベラー」

 「ルナルナ」

 「ロビンソン」

 「渚」

 「バニーガール」

 「冷たい頬」

 「運命の人」

 「フェイクファー」

 「HOLIDAY」

 「夜を駆ける」

 「水色の街」

 「不死身のビーナス」

 「桃」

 「群青」

 「スピカ」

 「俺のすべて」

 「猫になりたい」

 

 これらについても、いつか何か書きたいです。

 ここまでお付き合いくださり、ありがとうございました!

とても偏っているかもしれない、スピッツ【個人的】ランキング(11位から6位まで)

スピッツについて好き勝手に語る

f:id:school_of_dog:20151105224442j:plainこのページは、スピッツをこれから聴いてみようという方に対してオススメの曲を紹介するものではありません。

 ワタシが好きな曲を、上から順番に11コ並べて、これでもかというほどの熱量で魅力を語る。

 ただそれだけのページです。

 

 まず、スピッツの曲を全部並べました。

 そこから本当に好きな曲を抜き出します。

 すると、最初は25コくらいに。

 

 そこから頑張って厳選して16コくらいまで絞る。

 この16コについては、先んじてもうメモ帳に好きなところを書きなぐっておきました。

 

 だけど、それでも多いなって、限界まで削って11コに……。

 キリが悪いですけど、これ以上はもうムリです!

 削れません!

 

 この記事の需要がどこにあるのかわからないのですが、スピッツファンの方には「こういう曲が特に好きなヤツがいるのか。コヤツはこの曲の良さはそう捉えているのか。え、それは違くない!?」と、頷き&ツッコミを入れて読んでいただければ。

 スピッツをちゃんと聴いてみたい方……には、あまりオススメできないかもしれません……。それならそれ用に、オススメの曲を書き直したいくらいです。

 有名ドコロは聴いたぞ、他にどんなのあるんだって方。読んでいただければ、一ファンの感じている魅力が見えてくるかもしれません。

 

 ワタシは、スピッツばかり聴いて育ってきました。

 とはいえ最初期の頃から知っていたわけではなく、ロビンソンやら空も飛べるはずやらチェリーやら、その辺りで知ってから昔のも聴き直したぞという感じです。

 

 こう言うと怒られるのかもしれませんが、ワタシはスピッツが好きというより、スピッツの曲が好きなんです。

 だから、正直メンバーの名前も名字がギリギリ分かるかなっていうレベルなのですが……。

 ですが、曲については本当にもう、カツ丼かっ込む勢いでガツガツ聴きまくってきました!

 

 スピッツの魅力は、草野マサムネさんの声、それを支える(そして静かに変態的に動き回る)サウンド、そして詩としての完成度を高めた歌詞、これらすべてが融合しているところだと思っています。

 特筆すべきはやはり歌詞でしょうか。

 歌詞の意味については、聴いた人が好きに考えてよいのです。

 草野マサムネさんの考えたことに近づけるのが正解ではありません。

 

 そんなわけで、好き勝手に書かせていただいております。

  

 本当はこうやって、曲単位で引っ張り抜いてしまうのはチャンチャラおかしいと思うんです。

 アルバム単位で、前後のつながりを含めて聴いてナンボってなところがあるでしょう!

 でも、アルバムではなくてシンプルに曲単位で書いてみたくて仕方なくなったのでございます。

 

 あまりに長くなるので、今回は11位から6位まで。

 昔から書きたい書きたいって、それこそ4年くらい思っていたけど書かなかった記事。

 ついに!

 書きます!

 ワタシのスピッツ愛好歴をここにすべて投入して……!

 

11位 夏の魔物

スピッツ

スピッツ

 

f:id:school_of_dog:20151105224442j:plain夏のむわっとした空気感が伝わってくる、最初期の超名曲。

 某・秋葉原のアイドルが可愛らしく「会いたかった YES!!」と歌って大ヒットを飛ばしたあの日から遡ること20年。

 そこには、ダークな「会いたかった」を叫んでいた草野マサムネ氏がいた。

 同じ「会いたかった」でも、そこに込められている意味は真逆。

 前者はようやく会えた。

 後者は会えていない。

 日本語って奥深いですね。

 

 夏の魔物。

 一般的には、堕胎をテーマにした歌詞だと解釈されているのでしょうか。

 そう聞けば、なるほど確かにしっくり来る部分は多々あります。

 

 ただ、ワタシはあんまりシチュエーションを限定したくないのです。

 最初にも書いた通り、答えはひとつじゃないのですから。

 広がりがなくなってしまうから。

 考える楽しみがなくなってしまうから。

 そこで、ワタシなりにもう少し広く考えて、好きに書いてみます。

 

 「幼いだけの密かな掟」の上で君と見た「夏の魔物」って、ワタシはシンプルに、永遠に一緒にいられるみたいな、中高生くらいの男子・女子の幼い幻想なのかなって思っていました。(そうすると、「君に似た」の説明がつかなくなりますが、ここは大人の対応で目をつむっていただいて……)

 幼と幻の漢字が似てることのみやけに気になる(俵万智感)。

 魚もいないドブ川だから、汚い都会を舞台にしているのでしょうか。

 

 大人になるにつれて課せられる社会的な束縛や制約。

 そこからヨロヨロと逃げる。

 「僕の呪文」というのは、ずっと一緒にいようねみたいな、少年からしたら本気でも大人からしたらむず痒くなってしまうような、そういう言葉なのかな。

 

 最終的にこの二人は一緒にいることができず、「サンシャイン」や「田舎の生活」へと派生していく。

 二人だけの閉じた青臭い世界・青春観に魅力がある曲です。

 

 ギターが地味に、スピッツの中ではかなり難しい部類に入りますね。

 ということで、こちらのカバーも何度も聴きました。

 ギターソロがとてもいい感じにアレンジされています。

www.youtube.com

 

10位 愛のことば

ハチミツ

ハチミツ

f:id:school_of_dog:20151105224442j:plainさまざまな歌詞解釈を妄想できる曲。

 曲調は暗くありませんが、歌詞はどうあがいても残酷。

 すべてに言及するとキリがないので、一番気になるところについて。

 

 優しい空の色

 いつもどおり彼らの

 青い血に染まった

 なんとなく薄い空

 

 ブルーブラッドといえば、白人、ひいては支配層を意味することがあります。

 一方で、例えば怪獣ものの敵や宇宙人がそうであるように、人間ではない、自分たちとは別の種族の血の色としても青が使われたり。

 昔、円谷英二の伝記マンガを読んだのですが、怪獣の血しぶきを描写したスタッフを円谷さんが注意して、そこから青い血が使われるようになったと書かれていた記憶があります(あやふや)。

 

 さて、この曲の「青い血」の持ち主は、どちらを指しているのでしょうか。

 ワタシは、後者のように思えてなりません。

 人間として扱われずに迫害され、殺されている人々の魂が天に登って空を青く染めている。 

 

 もっと具体的に言えば、「ハチミツ」がリリースされる直前に放映された、スピルバーグ監督の「シンドラーのリスト」をイメージします。

 PVが白黒なところからも。

 

 あるいは、「昔あった国の映画」と、恐らくはソ連をイメージさせるような歌詞を入れているところから、ソ連崩壊後に起こった民族紛争がテーマなのかなとも思ったり。

 それが何なのか特定するのが目的ではなくて、極限状況という舞台設定をすることで、「愛のことば」の重みが出るということがいいたいのです。

 

 社会的ステイタスの共有を約束する「結婚しよう」という愛のことばよりも。

 オシャンティなバーでグラスを傾けながら囁く「愛しているよ」という愛のことばよりも。

 

 すべてを取っ払ったところで語られる、原始的な「限りある未来を搾り取る日々から一緒に抜け出そう」、つまり「生きよう」と誓い合う愛のことばには、鬼気迫るものがあります。

 だって、神様すらこぼれ落ちているんですもの。

 究極の場面で、信じてきた神様は助けてくれなかった(いや、現世利益を求めていない宗教なら現世で助けてくれないのは当たり前かもしれませんが)。

 もはや何も信じられない、絶望の中での愛のことば。

 

 苦いコーヒーを挟むことで甘いものが際立つように(?)、暗い世界観を設定することで、真の愛のことばが輝くのでしょう。

 

 JPOP全盛期であった90年代後半、巷にあふれていた明るい愛の歌へのアンチテーゼ。

 作詞の、いや、もはや作詩のセンスが光ります。

 そして、これほどまでに残酷な歌詞であるにもかかわらず、曲調は決して暗くないところがまたスピッツらしい。

 

9位 夏が終わる

Crispy!

Crispy!

f:id:school_of_dog:20151105224442j:plain夏の終わり、川沿いとかを散歩して、青い空と分厚い雲を見ながら聴くとハマる曲。

 この位置づけに来る曲として、「渚」とどっちを入れようか迷いましたが、セツナ感がもっとも強く出ていると思うこちらをチョイス。

 

 日焼けをもろともせずに海で遊び回るキツネ目の少女。

 日に焼けた鎖骨から零れるパワー。

 そこには、イノセンスというか、極端に言えば無邪気な人間の持つ不可逆的な神性というか(どゆこと?)、そういう物を感じます。

 

 だけど、これは一人称視点でそんな彼女について歌っているわけではない。

 歌詞の中には「彼」も出てくるんです。

 じゃあ、一体この「彼」と「少女」を見ているのは誰なのだろう?

  そこら辺が、この曲の不思議さを醸し出しているんじゃないかな。

 

 またひとつ夏が終わる

 音も立てずに

 暑すぎた夏が終わる

 音も立てずに

 深く潜ってたのに

 

 最高かよ。

 

8位 スパイダー

スパイダー

スパイダー

 

f:id:school_of_dog:20151105224442j:plain上位に行くに連れて、シングルでヒットした曲が減っていきます。

 いい曲いっぱいあるんですけどね。

 「ロビンソン」、「冷たい頬」、「運命の人」は泣く泣く削りました。

 ですが、「スパイダー」は思い入れもあり、どうしても削ることができませんでした。

 

 「スパイダー」の歌詞、どういう意味なんでしょうかね。

 

 「筋書き通りに汚されていく」、つまり可愛い女の子がさも当然のように、約束通りに汚されていくということ。

 それをスパイダーが壁に張り付いて見ている。

 こんなのを見ているのは耐えられない。

 

 「だから」もっと遠くまで君を奪って逃げるんです。

 これ以上「可愛い君」が汚されないようにするために。

 

 「だから」に注目すれば、君を汚しているのは僕ではないように思えます。

 洗いたてのブラウスが今筋書き通りに汚されていく → だからもっと遠くまで君を奪って逃げる、の順番なのかなと。

 

 狭い例え方をするなら、「君」というのは例えば善悪の判断曖昧に娼婦として働いている少女とか?

 となれば『椿姫』がイメージされます。

 二番の歌詞を見ると、「君」は僕ことスパイダーに感謝をしているどころか、小悪魔的に振り回している、そういうところからも。

 

 ただ、「夏の魔物」でも書いた通りあまり狭めた解釈はしたくないんですよね。

 もっと広く考えてみると、世界が君を汚そうとしていて、ボクがそれを救ってやる! みたいな。

 もちろん、世界が君を汚そうとしているから救ってやる、なんてのはボクの独善なわけでして。

 純粋な女の子が、陽キャラ系男子に話しかけられているだけで気が気じゃない、みたいな思春期の男の子視点。

 

 もっと遠くまで君を奪って逃げる

 ラララ千の夜を飛び越えて走り続ける

 

 がリフレインし続けるところからも、逃げ続けている感が出ている。

 転調も、ずーっと逃げ続けていることを表現しているように聞こえます。

 フェードアウトも然り。

 

 ライブではフェードアウトができないので、アウトロをどう演奏するかが問題になってきますね。

 キーボードを織り交ぜた技巧的アウトロが聴けます。

 

 ちなみに、「恋のうた」や「C7」で有名なGO! GO! 7188がこの曲をカバーしていますね。

 こっちのバージョンもすごくいい!

 スピッツは、女性が歌うと輝くときがあるんです。

 

 The La's「There She Goes」のオマージュになっています。

 イントロと、ゼアシーゴーズ(ラーラーラー)のところがまさにそう。

 (パクリではありませんよ! パクるなら、この曲みたいに「分かってくれー!」ってこの上なく分かりやすくパクらないでしょうからね)

 

 君を捕まえて、(世界から、束縛から)逃げようとする曲なのに、なぜ、There(ほら)、She(彼女)がGoesしちゃった(行っちゃった)よてな曲を持ってきたのでしょうか(ルー大柴)。

 そこを考えてみるのも面白いです。

 

7位 ヒバリのこころ

スピッツ

スピッツ

 

f:id:school_of_dog:20151105224442j:plain比喩表現を得意として、ストレートなメッセージはあまり歌わないスピッツの、最初にして最大のメッセージソング。

 スピッツの世界観の根っこが、もっとも分かりやすい形で表れている曲です。

 椎名林檎「正しい街」が分かりやすくデレて本心を見せているのと同じでしょうか。

 

 スピッツ最大のメッセージ、それは結局こういうことだと思います。

 

 僕と君は、行く手を阻む壁がいくつあっても二人で生きていこう。

 

 もう少しあとのアルバムになると、僕と君のことは他には誰も分かってくれない、というかお互いに分かりあったフリでしかないのかもしれない(フェイクファー)、だけどそれでもいいから一緒にいようと、もっと閉鎖的になっていきます。

 だけど、そうだとしてもスピッツの根幹はいつでも「僕らこれから強く生きていこう、行く手を阻む壁がいくつあっても」なのだと思います。

 

 スピッツって、いい意味でメッセージが曲に込められていないというか、読み取りづらいんですよね。

 愛してる、と言ったかと思えば、の響きだけで強くなれる気がしたよ、とひねくれてみたり。

 

 そんなスピッツが、超分かりやすくメッセージを伝えているという魅力。

 ツンデレはたまに出れるからそのデレに輝きがあるわけで、毎曲毎曲ストレートに愛してるって言っていないからたまの「一緒に強く生きていこう」に威力があるんです。

 

 なお、ヒバリは東京では絶滅寸前。

 まさに行く手を阻む壁がたくさんあるわけです。

 一方で、天と地を行き来するヒバリは幸福のシンボルとして扱われたりすることも。

 

 最初の曲で力が入っていたはずの草野マサムネさんが、勝負どころにあえて「ヒバリ」を選んだのはなぜなのか。

 妄想がはかどります。

 

6位 青い車

空の飛び方

空の飛び方

 

f:id:school_of_dog:20151105224442j:plainここから先、6~1位までが自分の中で頭ひとつ飛び抜けています。

 六天王。

 

 5~1位は長くなりすぎるので、別記事に。

 6位の「青い車」についてだけここに書いちゃいましょう。

 

 重たいドラム。

 歪んだギターソロ。

 ベースもイントロからかなり動き回っている。

 そんなヘビーなロックサウンドの中で、アルペジオだけが爽やかさを表現しているというアンバランスさ。

 「空の飛び方」には、そんな音作りが多いような気がします。

 

 それでも、メロディラインと表面的な歌詞のキレイさでドライブソングにもなり得るという不思議。

 よく耳を凝らせば、最初から君の首に僕の冷えた手が噛み付いて弾けているというのに。

 

 永久に続くような掟に飽きる。

 輪廻の果てへ飛び降りる。

 生きるということは木々も水も火も同じ。

 

 いずれも、仏教的な輪廻転生の世界観を下敷きにしているのは明らかでしょう。

 シングルヒット曲で仏教における生と死を表現するぶっ飛び具合。

 とすれば、ここでいう青い車ってなんだろう。

 

 リボーンしたいわけではない。

 転生したいわけではなくて、極楽浄土に行きたいのだから。

 君とふたりで、すべてを終わらせたい。

 

 「誰もさわれない二人だけの国」を歌う「ロビンソン」と、メッセージとしては同じなのでしょうかね。

 青い車で輪廻の果てへ飛び降りれば、誰もさわれない二人だけの国へと行けるのでしょう。

 

f:id:school_of_dog:20150803102459p:plain続きを書きました。

 よろしければ御覧くださいませ!

www.school-of-dog-11111111111.com

危ぶめば道は無し!/Mr.children"one two three"の素晴らしさについて

f:id:school_of_dog:20151105224440j:plainミスチル。

 サイのアルバム(肉と骨のやつ)をむかーしよく聴いて、いい曲多いなって思っていたけど、それ以上はあまり本腰入れて聴き込んでこなかったアーティスト。

 だけど、個別のアルバムをちゃんと聞いてみたら……

 なんぞこれ、めっちゃいい曲だらけじゃん!!

f:id:school_of_dog:20151105224442j:plainワタシも、ミスチルは何枚かのアルバムをつまみ食いしてきた程度。

 いかんせんスピッツが好きすぎて、ミスチルにまで手を出す余裕がなかったのよねー……。

f:id:school_of_dog:20151105224440j:plain私がミスチルの中で一番たくさんリピートしまくっているのは、"It's a wonderful world"に収録されている"one two three"という曲です。

 以前転職をした時に偶然聴いて、すべての言葉・歌詞が当時の心境にグッサグッサ刺さってきまして。

f:id:school_of_dog:20151105224442j:plainシングルじゃないよね、知らない曲だなぁ。

 ちょっと聴いてくる!

 待ってて!

 

It’s a wonderful world

It’s a wonderful world

 

f:id:school_of_dog:20150803102459p:plainこのアルバムに入っています。

 "蘇生"、"youthful days"以外は飛ばし飛ばしでしたが、もったいないことをしてきた。

 

f:id:school_of_dog:20160216082933j:plain

f:id:school_of_dog:20151105224442j:plainはい、聴いてきたわよ!

 いい曲ね。

f:id:school_of_dog:20151105224440j:plainでしょう!

 私は、前の会社を辞めなければ、特にスペクタクルはなくともまぁそれなりに満足な仕事ライフを送れていたことと思っています。

 ですが、若造にありがちな向こう見ずの無謀で、自分としては結構危険な賭けに出て仕事を辞めたことがあるんです。

 辞めるという決断をしたのはいいものの、ホンマに大丈夫やろか。

 不安の中で引っ越しをして、次のところに移動する最中にこの曲を聴いたんです。

f:id:school_of_dog:20151105224442j:plainあー、そのシチュエーションなら刺さるわね。

f:id:school_of_dog:20151105224440j:plain最後のアントニオ猪木さんのセリフ「危ぶむなかれ、危ぶめば道はなし!」「迷わず行けよ、行けば分かるさ!」に、メッセージのすべてが集約されていると思います。

 それが望んだことなのか、望んでいないことなのかは別として、これまでとは別のベクトルに人生の舵をきってしまった人、だけど自信は持てない人。

 そんな人たちの心境に、ぐわーっと迫ってくる曲です。

 

f:id:school_of_dog:20160216082933j:plain

f:id:school_of_dog:20151105224440j:plain歌の中でもいくつか印象深いポイントがあるんで、アツく語っていきますね。

 まずは最初。

 

 「戦闘服よりはブレザーがよく似合う」

 浴びせられた最終のイヤミが胸を抉る

 君の目からすればいかにもステレオタイプの半端者だっただろう

 

f:id:school_of_dog:20151105224442j:plain聴いている時も気になったのだけど、戦闘服とブレザーって、何を表しているのかしら。

f:id:school_of_dog:20151105224440j:plainこういう比喩をどう解釈するかは、聴いた人の自由ですね。

 歌詞の意味を考えるのは、音楽を楽しむための要素のひとつだと思います。

f:id:school_of_dog:20151105224442j:plainワタシも、スピッツの難解な歌詞の意味を妄想するのが大好き!

f:id:school_of_dog:20151105224440j:plain戦闘服は危険なところに行くための服。

 ブレザーは色々なところで着られる、汎用性の高い服。

 大方、これまでとは違う方向に進もうとして、好きな人(恋人?)に「アンタはそんな無茶な生き方よりも平凡に行った方がいいタイプなのに……」って捨てゼリフを言われてしまったとか、そんなところだと思っていました。

f:id:school_of_dog:20151105224442j:plainステレオタイプの半端者。

 今の生き方に満足することはできないけど、この先の歌詞を見ると次の生き方にも自信を持つことができていない。

 典型的な青い鳥シンドロームに陥っている若者を指している……のかな。

f:id:school_of_dog:20151105224440j:plainだけど、自分の選択は間違っていないと信じたい。

 あぁ、かつての自分そのものです。

 さて、このあとカラフルな風船が空に散っていく情景描写が入って、サビ。

 

 僕ならいつも冗談めかしていたりするけれど

 ずっとずっと考えているんだ

 その場しのぎで振り回す両手も

 やがて上昇気流を生むんだ

 

f:id:school_of_dog:20151105224440j:plainもう、ここが最高。最強。

 自分がやっていることの成果が見えないで、今やっていることが正しいのか、暗闇に向かってブンブンと手を振り回しているだけなのか、わからなくなることがあります。

 だけど、ヒットしていなくても無意味じゃない。

 その振り回した手が上昇気流を生むかもしれない。

 これ、涙が出そうなくらい背中を押してくれる表現です。

f:id:school_of_dog:20151105224442j:plainこれに続く「別の未来へと向くベクトル 寂しくたって一歩一歩踏み出してかなくちゃ」もステキ。

 ワタシはこれを、「君」と別のベクトルって意味ではなくて、これまで歩こうとしていた人生とは別のベクトルと読んだのだけど、どうでしょうか。

f:id:school_of_dog:20151105224440j:plain確かに「愛しい君」は出てくるものの、私もこの曲を単なる恋愛ソング・別れの歌だとは思っていないんです。

 もう少し大きな枠組みで、自分が道を変えなければ過ごしていたであろう人生Aの可能性をすべて捨て、新たな人生Bを選択したという曲だと捉えます。

f:id:school_of_dog:20151105224442j:plainあと、曲調もいいわね。

 サビのコード進行、ワタシの大好物よ。

f:id:school_of_dog:20151105224440j:plain不安と希望が入り混じった感がよく表れていますね。

 2番サビで「ショーシャンクの空に」が出てくるのもいい。

 これはある意味反則ワザですよ!

 短い歌詞の中にこの名作をぶち込んじゃうことで、伝えようとしているメッセージが何倍にも膨らむんですから。

f:id:school_of_dog:20151105224442j:plain「ショーシャンクの空に」。

 見終わったあとに「あぁ、映画っていいなぁ」という気持ちになれる。

 何もかも失ってしまいそうな困難の中で、HOPEを捨てないこと。

 そうすれば、きっと報われること。

 ビデオに録ったこの映画を見て、自分もHOPEを持っていれば困難な道の中でも生きていけるって確信したのでしょう。

f:id:school_of_dog:20151105224440j:plain確信したというよりかは、確信したということにしておいたというか。

 終始「オレは絶対に成功できる!」ではなくて、そう信じたいっていう弱気な姿勢のところがいいですよね。

 その等身大の人間が見えてくるから名曲なわけです。

f:id:school_of_dog:20151105224442j:plainこの曲、最後のアントニオ猪木さんがインパクト強すぎるけど、それだけの印象で終わらせるにはもったいない曲だった!

f:id:school_of_dog:20151105224440j:plainやっぱり、長く愛されるアーティストには理由があるんですね。

 これまであんまりミスチルを聴いていなくて、もったいないことをしたと思わせてくれる1曲でした。

(散歩)精巧なSEIKOを知りたくてセイコーミュージアムに行ったら大成功の面白さだった

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plain先日の記事で、腕時計なんて動けばいいと思っていたボクが機械式のものを買って、「腕時計って面白い!」ってなってきた話を書きました。

www.school-of-dog-11111111111.com

 

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plainそこで、元々腕時計が大好きだったキャバ先生と、東向島にあるセイコーミュージアムに行ってきたぞ。

f:id:school_of_dog:20151105224441j:plain前から気になっていたところ!

 事前にHPから予約が必要ですが、時計の歴史、セイコーの歴史が分かってとても勉強になります。

 東向島駅から歩いて10分程度でしょうか。

museum.seiko.co.jp

 

f:id:school_of_dog:20180514210519j:plain

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plain受付を抜けると、1Fが時計の歴史ゾーン、2Fがセイコーの歴史ゾーン。

 惜しむらくは写真をほとんど撮っていないことだな。

 だから、ただの雑談記事で、セイコーミュージアムの紹介記事にはなっていないという。

 検索でたどり着いた方、有益な情報がほとんどなくて申し訳ありません。

f:id:school_of_dog:20151105224441j:plain展示品の大部分が掲載された解説が無料配布されているのを発見した辺りから、写真撮影をやめましたよね。

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plain集中して見られなくなっちゃうからな。

 さて、そうは言っても最初は写真を撮っていた。

 上の写真は日時計を写したものだぞ。

f:id:school_of_dog:20151105224441j:plainこの日時計に限らず、ミュージアム全体を見て考えたのは、人間て今も昔も本質的に時間を自分のものにしたいのだなーってこと。

 そして、時間を手にすることが豊かに生きることや権力を握ることにつながっていたのかなーってこと。

 だって、時間を計ろうとして、その時間に装飾や芸術まで施してしまおうという歴史をミュージアムでたくさん見たんですもの。

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plain時間や時計について、もう少し勉強してからくればよかったな。

 ほぼ無勉強のまま、思いつきで来てしまった。

 

f:id:school_of_dog:20180514210512j:plain

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plainもう一枚だけ、奇跡的に撮っていた巨大で立派な時計。

 時計って、実用的であると同時に、デザイン的に完成されているな。

f:id:school_of_dog:20151105224441j:plain展示してあった100年前の日本の時計も、「今流行っているものだよ!」って見せられても信じそうなくらい変わらない。

 でも、ちょっとずつ新たな挑戦もなされてきていました。

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plain不易流行とはまさにこのことか。

f:id:school_of_dog:20151105224441j:plain自然力を使った時計、初期の巨大な機械式時計、日本の古い時計、近代的な時計、セイコーの昔の時計、セイコーの今の時計……。

 展示してあった色々な時計は、本当によだれものでしたね!

 これからは、より一層セイコーブランドを愛します!(広報戦略の思う壺、だけどそれでよいのです。)

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plainキャバ先生は腕時計大好きにも程があるってくらい腕時計大好きだからなぁ。

 ライン通知がいっぱい来ていると思ったら、「私の腕時計、ステキで見とれるんですけど!」っていう文章と、同じ腕時計の写真が何枚も送られてきていたこともあったし。

f:id:school_of_dog:20151105224441j:plain仕事の休憩時間に、Amazonでほしい腕時計を拡大表示するのが好きです。

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plain日本各地のからくり時計なんて展示もあったし、松本市の時計博物館にもいつか行ってみたいし、なんなら海外にも……?

 時計散歩の行き先はまだまだたくさんありそうだな。

 

www.youtube.com

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plainあと、このCM(日本初のテレビCM。ボクですらどこかで見たことがあったくらい有名なやつ)がエンドレスで流れているゾーンがあって、そこは気が狂いそうになったな。

f:id:school_of_dog:20151105224441j:plainこういうのって、狂気とノスタルジーを合わせて牛乳で割ってミキサーで混ぜたみたいな感覚に陥るんですよね。

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plain分かる。

 この時代に生きていたわけではないけど、なんだかな。

 

f:id:school_of_dog:20180514212522j:plain

f:id:school_of_dog:20150803102459p:plain高級な時計というものは持っていない。そんな我々が時計好きとは、本当に大好きな方からは笑われるかもしれないけど……。

 けど、時計というモノ自体が持つ魅力はとても奥深いと感じている。

 機械式の腕時計を買ってから、時計のことばっかり考えている気がするなぁ。

カフカはフカフカ、カカフカカ。腕時計が好きになった話。

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plainオカカもフカフカ、オカフカオ。

f:id:school_of_dog:20151105224441j:plain

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plain最近さ、自動巻きの腕時計を購入したんだけど、これ本当にいいね。

 いままで「あ、高級な腕時計とか興味ないんで☆」ってアピって戦線に加わらないようにするためにチープカシオばかり使っていたんだけどさ。

 とはいえ、購入したっていう自動巻きもすっごく高いものではないんだけどさ。

 買ってみたら、愛着湧いてやばばばば。

f:id:school_of_dog:20151105224441j:plainしれっと初っ端のぶっ壊れをスルーしましたね。

 私は大人なんで、触らないであげましょう。

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plainいや、思いっきり触っとるやんけ。

  ボクは現代の草野心平なんだ。

f:id:school_of_dog:20151105224441j:plain草野心平に土下座してください。

 地面に頭こすりつけてくーんくーん(泣)って謝ってください。

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plainねぇ、ストレス溜まってるの?

f:id:school_of_dog:20151105224441j:plain私は昔っから時計って大好きですよ。

 女性がネイルをやる理由は、常に目に入る部分を美しく、可愛くして気持ちをあげるためだそうです。

 私の場合、その役目は時計なのかも。

 機能性を兼ね備えている分、より美しさが洗練されるし買った時の罪悪感も少なくなる。

 ちょっとくさいですが、時間を実体として刻む時計を愛でると、今の時間も好きになれそうでいいですよね。

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plain時間を可視化することができる時計を愛でると、今の時間を好きになることができる。

 これ、「ポエムwww」って軽くいじるには惜しいほど、哲学的ないい言葉のような気がしなくもなくもなくもないね。

 うーん、これから時計沼にハマっていきそうな気がする。

たまたま通りかかった上野動物園が無料開園日だったので、雑談しながら動物お散歩

f:id:school_of_dog:20180506090603j:plain

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plain5月4日。

 長い長いと思っていたゴールデンウィークにも「終わり」の文字が見え始める、そんなみどりの日。

 ボクたちはやることもないから、かねてより気になっていた谷中七福神めぐりをしようと、上野は不忍池中之島、弁財天様に会いに行ったんだ。

f:id:school_of_dog:20151105224446j:plain当日いただいたガイドには「田端の東覚寺から回るべし」とあるけど、前日に読んだ本には「不忍池中之島の弁天様からお参りするのが順序である」(森まゆみ『東京ひがし案内』)と書かれていたからさ。

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plain弁財天様にお参りをして、「これから七福神巡りをしてきます」とご挨拶。

 で、次の護国院大黒天へ向かおうとしたら……。

 

f:id:school_of_dog:20180506090340j:plain

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plain!?

 な、なんですと!

 上野動物園が無料!

f:id:school_of_dog:20151105224446j:plain通行人(みちゆくひと)の多くは、公園に普通に入る……くらいの勢いで、フリーパスで動物園の中に入っている。

 入り口に係員が立っていないレベルだ。

 時刻はちょうど9時30分。

 開演したてで空いている。

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plain今日は谷中七福神を歩いて制覇するという目標立てて来ているからさ。

 動物園は見学しないよ?

 だけど、普通に歩くよりかは動物園を抜けていくほうが面白いだろうから、せっかくだから通ってみようか。

 七福神制覇というボクの不退転の決意は揺るがないけどな!

f:id:school_of_dog:20151105224446j:plainにしても……。

 いまやシャンシャン人気の絶頂ですぞwwwここをさらに無料にしようとかwwww混雑で収集つかなくなるんじゃないのwwwww愚策にもほどがありますナwwwwww

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plain子どもじゃあるまいし、動物で心を動かされるボクらじゃないゾwwwwww

 

f:id:school_of_dog:20160216082933j:plain

 

f:id:school_of_dog:20180506090326j:plain

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plainう、うし!

 牛だ!

f:id:school_of_dog:20151105224446j:plainめっちゃ草食べてる!

 すげぇ!

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plainこっち見た!

 うおおおお!

 (さっきの会話をしてからものの1分、心動かされまくりなおっさん2匹)

 

f:id:school_of_dog:20180506093850j:plain

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plainぶただ!

 奥にはぶたのおっぱいだ!

f:id:school_of_dog:20151105224446j:plain写真では見えないけど、奥に2頭並んで寝ている!

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plain……え?

 黒いのも、そこに近づいていって……!?

 

f:id:school_of_dog:20180506093912j:plain

どっ

 

f:id:school_of_dog:20180506093927j:plain

こい

 

f:id:school_of_dog:20180506093945j:plain

しょ。

 

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plainf:id:school_of_dog:20151105224446j:plainうおおおおおおおお!!!

 並んで寝た!!!

 すげぇぇぇぇぇぇ!!!

(「動物で心動かされる我々じゃない」と話してからまだ5分)

 

f:id:school_of_dog:20180506094222j:plain

f:id:school_of_dog:20151105224446j:plainこれはあれだな!

 オレたちに写真撮らせるために並んで寝てくれたんだな!

 サービスショットだな!

 セクシーポーズだな!

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plain一番右のヤツ、舌出している!

 かわいい!

 

f:id:school_of_dog:20151105224446j:plain……これはもう、さ。

 谷中七福神はまた今度にして、動物園じっくり見ても……。

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plainあれ?

 今日、谷中七福神を回るなんて言ったっけ?

f:id:school_of_dog:20151105224446j:plainお、イケるクチだねぇ。

 そうだな。

 言っていないな。

 

f:id:school_of_dog:20180506090334j:plain

f:id:school_of_dog:20150803102459p:plainしれっとサムネイルを撮り直す。

 以降、動物に魂を売ったおっさん動物2匹の雑談をお送りするのみです。

 ためになることとか、ビックリな情報とか何も書かれていません。

 ちなみに、開園直後は非常に空いていましたが、1時間もしたらディズ○ーランドレベルの混雑になりました。

 パンダのシャンシャンは整理券が必要だそうで、見ておりません。

 

f:id:school_of_dog:20180506090351j:plain

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plainカメだ!

 背中にも苔が生えている。

f:id:school_of_dog:20151105224446j:plainいわゆる「人気動物」の影に隠れて、ひっそりと橋の下に生きている。

 だけど、実はこのカメが上野動物園随一の強キャラだったら面白いな。

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plain弱そうなおじいちゃんが強い。

 王道。

 だけど燃える。

 

f:id:school_of_dog:20180506090356j:plain

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plainこの子は……えーと……。

f:id:school_of_dog:20151105224446j:plain名前失念。

 ググった感じ、クロシロエリマキキツネザルかな?

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plain青空に映えるカラーをしているね。

 

f:id:school_of_dog:20180506104820j:plain

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plainペンギンゾーンって、他の動物園や水族館だとどうしても臭いがキツいことが多いのだけど……。

f:id:school_of_dog:20151105224446j:plainさすがは上野動物園。

 全然臭くないな。

 何か配慮がなされているに違いない。

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plainというか、上野動物園全体がとても清潔で、臭いがほとんどしない。

 ボクが20年くらい前に行った動物園の記憶として残っているのは、動物のツンとした臭いなんだけど。

 

f:id:school_of_dog:20180506090400j:plain

f:id:school_of_dog:20151105224446j:plain何らかのコミュニケーションを取るカメたち。

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plain意思疎通は取れているのかな。

 そして、やっぱり不思議なのは、草ばかり食べているのに背中の固い甲羅を維持できているところだ。

 

f:id:school_of_dog:20180506095046j:plain

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plainで、でけぇ!

f:id:school_of_dog:20151105224446j:plainガラパゴスゾウガメ、だそうだ。

 体長130cm、体重300kg(上野動物園HPより)。

 大きさを知りたくてHPを見たんだけど、下にスクロールしたら「動物の口コミ」というコーナーが出てきて戦慄した。

 かわいい、かっこいい、きれい、写真ばえする、また会いたいの5項目。

 それぞれ5段階で評価される……。

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plain動物の世界にも人事評価システムが導入されているんだな……。

 ひえええええ。

 

f:id:school_of_dog:20180506090405j:plain

f:id:school_of_dog:20151105224446j:plain近くの案内板を見ると、フラミンゴはプランクトンの成分によって赤いんだそうな。

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plain写真の2羽は、バトルを繰り広げていた。

 いや、じゃれ合いなのか?

 何か意味があるのか?

 くちばしでアタックし合っていたけど、決定的瞬間は撮れず……。

 

f:id:school_of_dog:20180506095056j:plain

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plainゾウだ!

 デカいはカッコいい!

 特に何にびっくりしたって、鼻の器用さ。

 あれ、ほとんど手じゃんかね。

f:id:school_of_dog:20151105224446j:plainエサをちょうどいい大きさにバキバキ折っていた。

 近くにゾウの解剖図があったんだけど、鼻には骨がないようだ。

 それであんなに安定して動かせるんだから、すごいものだ。

 

f:id:school_of_dog:20180506090409j:plain

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plain奥まったところに五重塔がある。

 塔の回りをぐるっと歩いてみたら、コイツが1羽だけで散歩していた。

f:id:school_of_dog:20151105224446j:plainカメラを向けたらアイドルポーズをしてくれた。

 分かっているな。

 後ろの花と同じ方向を仰いでいる。

 

f:id:school_of_dog:20160216082933j:plain

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plainはい、というわけで上野動物園でした!

f:id:school_of_dog:20151105224446j:plain実際はカバとかゴリラとかライオンとかも見たんだけど、最終的には満員電車かよってなくらいの混み具合で、写真は撮れなかった。

 けど、めちゃくちゃ楽しかったなぁ。

f:id:school_of_dog:20151105224439j:plain動物園、子どものための場所と考えて大人が行かないのはもったいない!

 むしろ、大人こそ楽しめるんじゃないかな。

 次は無料開放日ではない日に行きたい。

 混んでいないときにじっくり見たい。

f:id:school_of_dog:20151105224446j:plainあと、谷中七福神もやり直そうな。

 多分、弁財天様はびっくりしているだろうよ。

 全部回らないのかーいって。